【働き方改革に備える】有給使用状況の確認

有給休暇の取得義務化が始まります

2019年4月より、大企業・中小企業に関わらず年10日以上の年次有給休暇が付与される社員に対し、1年以内に5日の有給取得が義務付けられます。

「制度施行まで時間があるから何もしていない」
「顧問先には有給休暇取得義務の概要だけ伝えた」

このような状況に陥っていませんか?

ただ制度を伝えるだけでは、顧問先もなかなか耳を傾けてくれません。
まずは施行前に、現状の有給使用状況を数値で把握しましょう。

 

有給使用状況は賃金ファイルで確認できます

有給取得状況は、賃金ファイルで把握できます。
(Cells給与からデータを自動連動させている場合、賃金ファイルに勤怠を含む情報を登録している場合)




数字が見える化できれば、

  • 年間取得5日に満たない取得頻度が少ない従業員の把握
  • 事業所全体で有給取得が少なければ年次有給休暇の計画的付与の検討

のチェックをし、顧問先へ有給を利用しやすい環境を整えていくよう伝えていきましょう。

なんと言っても、数字(現状)と向き合うことが大事です!

 

賃金ファイルを使いはじめよう

賃金ファイルを初めて利用する場合はマニュアルをご覧ください。

賃金ファイルを利用するメリットはこちらをご覧ください。

5100 views