利用しない理由が見当たらない!?電子申請「公文書チェック」

公文書チェック

公文書チェック

公文書チェック

「公文書チェック」とは?

電子申請が「審査終了」になった後、電子申請データ一覧の「詳細」ボタンをクリックし、公文書枠内の「チェック」ボタンをクリックすると、システムが公文書データを自動で読み取り、その読み取ったデータと『台帳』に登録されている個人情報の照合結果を下図のように表示します。「台帳」の電子申請がAPI申請になりクラウドの仕組みを利用するようになったことで、ワンクリックで「公文書チェック」が出来るようになりました!

公文書データと『台帳』登録データに相違がある場合は、ボタンクリックで公文書の正しいデータを『台帳』に適用できます。

どうしたら利用できるの?

操作方法や詳細につきましては、「公文書チェックマニュアル」をご確認ください。

公文書チェック

3807 views