株式会社セルズ オフィシャルサイト

第5回[関西]HR EXPO2020(2020年11月11日〜13日)

『第5回[関西]HR EXPO2020』に出展します

インテックス大阪で2020年11月11日(水)~13日(金) に開催される「第5回[関西]総務・人事 ・経理Week内 [関西]HR EXPO2020」のPCAブースにて、弊社製品「最適給与クラウド」をご案内することが決定しました。
最適給与 ロゴ

出展の経緯

弊社製品「最適給与クラウド」は、2020年8月3日(月)にリリースしました。
「最適給与クラウド」プレスリリースのご案内はこちら

従来の「最適給与(Excel版)」は「雇用継続給付が受給できる範囲内で給与と年金を調整し、手取額が最も高くなる給与額を最適な給与」として定義していました。

しかし、年金支給調整の必要がなくなり”最適な賃金の定義”が変わることから【人生100年時代。色々な働き方の選択肢がある中、就労を後押しできる給与額を「最適な給与」】と定義そのものを見直しました。
定義を見直すと同時にクラウド版へリニューアルし、「賃金プロット」「生涯賃金シミュレーション」「人件費シミュレーション」といった新機能も追加しました。

その新機能のうち、PCA給与と連携を予定しているのが「賃金プロット」です。

賃金プロットとは?

「最適給与クラウド」の賃金プロットでは、従業員の給与や時間外労働をグラフ化し、政府の提供する統計データと比較することができます。

賃金プロットはこんな場面で役立ちます

従業員の定着や採用活動で課題を抱えられている企業は多いかと存じます。
関連して、「同一労働同一賃金」「人事(評価)制度改革」等の検討/着手に、日々奔走されているのではないでしょうか。

そんな中、「自社の賃金構造は適正か?同業他社と比べて高いか?低いか?」という疑問も生まれてきます。
まずは貴社の賃金構造の現状把握が必要です。

「賃金プロット」では、1か月分の給与支給控除データ(CSVデータ)を読み込むことで、厚労省の賃金構造基本統計資料と比較したプロット資料を瞬時に作成できます。

世間相場との給与比較を定期的に行うことで、従業員が給与についての不満を持つのではないかというリスクを徹底的に洗い出すことができます。
賃金の定期健康診断のような使い方をして頂くことで、「離職傾向分析の為の基礎資料」や「人事制度改革後の進捗チェック」等にもアウトプットして頂けます!

PCA給与との連携でもっと便利に!
プロット化にあたり、性別・年齢・超過実労働時間数などの従業員CSVデータを予め準備する必要がありますが、PCA給与のデータを利用することで、「最適給与クラウド」の賃金プロットが簡単に作成できます。

HR EXPO東京での様子

幕張メッセで2020年9月16日~18日に開催されたHR EXPOの様子です!

HR EXPOご来場特典

その1 「業種・企業規模・都道府県別賃金相場グラフ」

給与が高いか低いかを判断するため、まずは世間相場を知ることも重要です。貴社にマッチする賃金カーブ資料をプレゼントします。

その2 「稟議書作成に役立つ!賃金プロット分析ポイント集」
給与体系の見直しに関して稟議を上げるには、提案資料を作成しなければいけません。
ぜひ特典の「賃金分析プロット分析ポイント集」を参考に賃金分析を行い、貴社の制度改革にご活用下さい。
編集可能なデータ形式でお渡し致します。

●役職定年後の働き方をどうするか?
●若手の定着率と待遇に相関はないか?
●男性と同様の業務をおこなう女性の給与は適正か?等

賃金プロットの機能を含め、「最適給与クラウド」でできることをぜひブースで体験してください。
皆様のお越しをお待ちしています。

※PCAブース・連携機能の詳細に関する情報は、随時こちらのページに追記します。
※「台帳」等、弊社の他製品についてのブースでのデモは対応できかねますので、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

Return Top