その他集計・分析

請求書の渡し忘れを防ぎます。「忘備録」
助成金の請求など2ヶ月3ヶ月後に請求する予定の請求書を忘れてしまったことはございませんか?いつ、どこどこの何々をいくらで請求すること、といった大事な「請求」を忘備録機能で請求データを瞬時に抽出、「請求忘れ」「請求遅れ」 をなくします。通常の報酬以外に、特別に請求するものがある場合に、それを忘れないよう「覚え」としてメモし「忘備録」として管理できます。


10月にABC建設に山田太郎さんの助成金(人材確保)として30000円請求すること
8月は甲乙株式会社に通常の月以外にプラス10000円請求すること

「本年の助成金の報酬額トータルは?件数は?」

請求データの区分、内容でその一部の文字列から検索をおこなうことができます。これにより、報酬の内容による集計が可能で、例えば本年の助成金申請関係は何件でいくらあったか、建設業申請や経営審査関係の酬額計や件数○件などきめ細かいデータ検索・抽出が可能です。

複数年のデータを保持してシステムを管理できます。

「確定申告」は年単位で行いますが、「うりあげ君」では大体3年程度のデータを保持することができます。請求データ、入金データでは1ヶ月100件の請求データを作成するとすると、年間1200件、3年で3600件です。データの量やパソコンのスペックにより異なりますが、一般的なパソコンでは3年くらいのデータを保持しながら処理をおこなうことができます。

請求書を作成する際、同時に書類送付案内も作成できます。

作成した請求書や領収書を送付する際の書類送付のご案内と、封筒に直接印字する宛名印刷機能が搭載されています。

Return Top