個人情報の登録

個人情報では前年(確定)と本年(概算)の給付基礎日額、保険料算定基礎額、そして保険料等のデータを保持します。この個人情報のデータから集計や抽出、様々な帳票を出力します。

個人データの管理

10,000人まで登録可能です。確認したい情報が一目でわかり、検索、計算機能も充実しています。

便利なシート入力機能を利用すれば、その日から即利用できます。

導入時に特別加入者の「整理番号」「加入・脱退年月日」「生年月日」「給付基礎日額」等をCSVデータ、テキストデータ、エクセルデータとしてある場合、これらを「コピー」「貼り付け」等の操作により一括してとりこむことができます。その他保険料のデータも取り込時に自動で計算をおこなうので導入後即活用することができます。

窓口単位で管理ができます。

組合、団体によっては窓口会社や元請会社が存在し、その会社所属の「一人親方」として加入や脱退の管理を行っているケースがあります。登録データは窓口(元請)単位で登録することができるので、各種帳票を窓口(元請)単位で作成することができ、またを窓口(元請)単位で集計や検索が可能です。

入金の管理が行えます。

個人情報フォームで各期の「入金年月日」が登録できます。「入金年月日」をまとめて登録したい場合は、エクセルシートに直接入金日を登録できます。エクセルシートに登録した「入金年月日」は個人情報フォームに反映されます。
エクセルシートに入力する方式は、未入金者を表示させ、同一の入金日なら、まとめて選択して一括登録可能です。未入金リストの印刷も可能で入金管理も行えるシステムです。

払戻金の計算が行えます。

入金日が登録されている分までを納付済額として自動表示し、脱退時までの保険料等は、月割りの保険料と組合費を表示します。個人情報の「特例者の場合」をクリックすると自動的に払い戻し計算フォームが表示されるので、中途加入、中途脱退の計算を瞬時に行います。

特別加入に関する変更届、健康診断申出書が作成できます。

個人情報の編集フォームから「特別加入に関する変更届」「健康診断申出書」が素早く作成できます。

Return Top