株式会社セルズ オフィシャルサイト

【コラム】法人共通認証基盤(GビジネスID)とは

法⼈共通認証基盤(GビジネスID)とは?

経済産業省では2018年度より法⼈版マイナンバーである法⼈番号を活⽤し、⼀つのID/パスワードで複数の⾏政サービスにアクセスできる「法⼈共通認証基盤(GビジネスID)」を提供しています。(※法⼈共通認証基盤のサービス名称として、「GビジネスID」という名称を⽤いる予定です。以下GビジネスIDと呼びます。)

まずは経産省関連の補助金申請などの手続きをGビジネスID化して今後はマイナポータルへの接続により政府全体への展開を進めていく予定になっています。

GビジネスID化することによって具体的に何が変わるかというといままでは、補助金申請などでも補助金の種類によってID/パスワードが振られており、
管理が煩雑になることが多くありましたが、今後は1つのID/パスワードでの⼿続の実現により、一々情報を管理する必要や入力の手間が省けるため官⺠双⽅における⼿続に要する時間やコストを削減できるようになります。

デジタルガバメント政策の柱である同じ情報の⼊⼒は⼀度だけにする「ワンスオンリー」の実現のためには必須となるIDです。また、内閣府が進めているマイナポータルでの申請や今後のe-Govでの手続きもこちらのIDにて行うことが明らかになっています。

GビジネスIDの種類と取得方法

利用できるアカウントの種別として簡易的なアカウントと厳格なアカウントの2系統が提供される予定です。
※GビジネスIDはgBizIDとも呼ばれており、アカウント名はこちらの名称になっております。


  • gBizエントリー
  • 法⼈代表者の厳格な確認は⾏われないため、顧問先の代表者がオンラインで登録すれば即日入手できるアカウントです。
    こちらはID/パスワードででGビジネスIDマイページや⾏政システムにログイン可能になります。

    メールアドレス登録をした後に、企業情報入力すればすぐに作成できます。


  • gBizプライム
  • 印鑑証明書及び登録印などを利用した厳格な確認が行われるアカウントです。
    顧問先の代表者が上記の書類等を揃えて申請する必要があります。
    ID/パスワードに加え、スマートフォンなどでのアプリ認証やワンタイムパスワードでの認証が行われます。

    弊社で申請した際には2,3日ほどでプライムへの変更承認メールが届きました。

    実際にログインして開いてみた画面はこちら


  • gBizメンバー
  • 組織の従業員⽤のアカウントとして、gBizプライムから発⾏するアカウントです。
    こちらもgBizプライムと同様ID/パスワードに加え、スマートフォンなどでのアプリ認証やワンタイムパスワードでの認証が必要です。
    また、組織の従業員以外にも社労士、税理士、人事担当者など状況に応じアカウントを作成する必要があります。

    gBizプライムの状態の場合にはこちらから従業員等のためにアカウントを付与することができます。

GビジネスIDの取得方法については各アカウントごとにわかりやすいマニュアルが用意されています。
一度ご確認いただくとよいかもしれません。
gBizIDマニュアル

終わりに

今後はマイナポータルを始め様々なケースでGビジネスIDが利用されるようになります。
GビジネスIDについて理解ができていないと、顧問先への案内や手続きができず、信頼関係も揺らいでしまう可能性があります。

社労士として、顧問先との安定した手続き関係を今後も継続するために、情報を収集しいつでも案内ができるように準備していきましょう

出典:経済産業省 商務情報政策局 情報プロジェクト室法⼈共通認証基盤の構築状況等について

Return Top