「台帳」バージョン情報

最新バージョン

Ver10.00.41

(リリース日:2022年06月14日)

バージョンの確認方法はこちら

2022年6月14日10:00より『台帳』のLiveUpdate機能(自動更新)にて【Ver10.00.40】バージョンアッププログラムを提供しておりましたが、一部に不備を確認したため、同日15:30より【Ver10.00.41】として再度緊急提供を開始しました。

手動バージョンアップパスワード」からVer10.00.40にバージョンアップされている場合および、LiveUpdate機能によるバージョンアップであっても、2022年6月14日12時以降に実施されている場合は、以下1) および 2) の影響はございません。

1) 電子申請データ作成画面に【Ver10.00.40】新設の保険料率を確認する画面が表示されない

電子申請データ作成画面で料率欄が表示されない

2) 年度更新・一括有期の電子申請時に、「〇〇の保険料率が正しくありません」や「各種区分の〇〇が正しくありません」とエラーになる
詳細は「こちら」をご確認ください。



【Ver10.00.40】のバージョンアップ内容 

2022年度労働保険年度更新の電子申請に対応

  • 雇用保険料率の変更に伴い、2022年度の概算保険料申告において、用紙と電子申請では申告書の一部の取り扱いが変更となります。
    詳細は「こちら」をご確認ください。
  • 2022年度における電子申請仕様変更のうち、料率チェック機能に対応

電子申請詳細画面のコメント・公文書数の表示の仕様変更に対応
電子申請次期e-Govへの対応準備のため電子申請詳細画面の一部変更

その他

  • 処理ファイル「請求書」に事業所名の検索フォームを新設
  • 2022年度の「高年齢者雇用状況報告書」は様式変更等ありません。また、2021年度より処理ファイル「高年齢者障害者雇用状況報告書」は電子申請e-Gov連携機能には対応しておりません。「高年齢者雇用状況報告書」の様式のみの対応となります。

Ver10.00.39で発見された不具合が修正されます

NO 処理ファイル・機能 内容
1 年度更新 年度更新の申告書の料率が小数点以下2桁表示になっているため、3桁の時でも2桁表示で数値が繰り上げした状態で表示されてしまう
2 年度更新 労災・雇用保険料算定基礎額が同額の場合、申告書の概算保険料が1円相違するケースがある
3 国民年金3号届(CSV) CSV申請の3号届で複数人のデータを登録し、変更画面で被保険者を選択した時、第3号被保険者の氏名のリストが別の被保険者の3号の人に固定されてしまうことがある
4 被扶養者異動届(CSV) 被保険者選択で登録後、「変更へ」ボタンを押して該当者を選択すると「実行時エラー1004 アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。」
5 高年齢者障害者雇用状況報告書 障害者雇用状況報告書の特殊法人の法定雇用率が古い
6 業務日誌 業務日誌で対象日並替をし、内容を入力後、再度対象日並替をおこない更新ボタンを押すと別のNOに上書きされてしまう
7 給与データ 事業所ファイルの給与データシートの前年合計欄に大量の0がある
8 賃金ファイル Cells給与からデータを取り込む際、台帳の給与データにいない人の場合、暫定で厚生年金の等級が入らない
手動バージョンアップの
パスワード請求

今後のバージョンアップ予定

【時期未定】

  • 雇用保険電子申請の仕様変更に対応予定
  • 養育期間標準報酬月額特例申出書の様式変更に対応予定
  • 社保適用拡大の機能追加予定