HOME

3つの収入を組み合わせ、いかにして収入の落ち込みを小さくするかが腕の見せ所!

年金

65歳未満の方は年金と給与の合計額が28万円を超えると年金が減額されます。

雇用継続給付金

定年後の給与低下を補う雇用保険の給付制度

給与

給与からは社会保険料と所得税が控除されます。

最適給与の定義

雇用継続給付金が受けられる範囲で給与と在職老齢年金を調整し、総手取額が一番多くなる給与額

本人手取額は給与総額と必ずしも比例しない

給与からは所得税、社会保険等が控除され、年金にも所得税がかかるため、本人手取額は総額と必ずしも比例しません。

 

最適給与の料金

初期導入費用
24,840円(税込)
初年度は年間保守が含まれています
  保守契約費用
10,800円/年(税込)
月額換算 900
保守契約の詳細はこちら お問い合わせはこちら 商品の購入はこちら

 

最適給与ソフトの概要

本ソフト「最適給与」は、在職老齢年金制度、雇用継続給付制度、そして給与の3本立てを上手く活用して、労働者も企業が納得できるような賃金をボタン1発で検索します。

詳細はこちら

 

最適給与イメージ

 

シンプルなソフト構成だから使いやすい!

4つのデータを入れて計算ボタンをクリックするだけ!

最適給与のソフト画面イメージ
fleximg

 

分かりやすい各種帳票

企業担当者や従業員に分かりやすく説明することができる帳票が作成できます。

最適給与の出力帳票
最適給与の出力帳票

 

法改正 セルズはいつも 即対応

社会保険労務士事務所が監修のシステムです。料率や税率、雇用継続給付の支給限度額、物価スライド、支給停止調整変更額などの変更も安心です。

チャットワーク

 

いろいろなシミュレーションが行えます!

  • 年齢別シミュレーション
  • 年間シミュレーション
  • 給与を指定してのシミュレーション
  • 賞与のシミュレーション
  • 隠れた最適給与
在老と雇用継続
生年月日、性別により報酬比例部分と定額部分の開始年齢が異なり、65歳以降は雇用継続給付がなくなり在職老齢年金の支給調整の仕組みも変わります。 60歳以降の賃金設計は、年齢によって年金額や支給調整の仕組み変更されるので、60歳時に給与を変更するときに65歳以降の賃金も視野に入れて賃金を考えるほうが賢明です。 本ソフトの年齢シミュレーションでは、60歳前、60歳から65歳以降までの各年齢における、給与月額を設定し、その手取額の推移や比較、また会社人件費の計算から、60歳以降の賃金を検討します。
実際の出力帳票はこちら

 

WS000088
平成16年4月以降の在職老齢年金は年収(総報酬)により計算されることになったため、年収が同じであれば、ほぼ受け取る年金額に差異はありません。しかし、「雇用継続給付」は賞与には関係なく、また年金との調整も従来どおりの「標準報酬月額」を基に計算がおこなわれます。 この結果・・・ 給与と賞与のバランスによって少ない年収でも手取額が多くなるケースがあります。 年収が低ければ低いほど会社人件費は抑えれます。本ソフトで給与と賞与のバランスを変えてシミュレートを行い、年収が少なくても手取りが高くなるベストな給与額、賞与額を見つけることができます。60歳以降は給与を上げても本人の手取りが必ずしも比例して増えるとは限りません。
実際の出力帳票はこちら

 

WS000088

本ソフトは雇用継続給付金が受けられる範囲で給与と在職老齢年金を調整し、総手取額が一番多くなる給与額を「最適給与」と定義しています。 しかし経験と実績があり、人数が多いゆえに激しい競争にさらされ続けてきた「団塊世代」の経験と意欲を、上手に生かしていくには、「最適給与」以外の給与も視野に入れてシミュレーションすることも必要です。

会社の状況、会社の中での地位、仕事に対するやる気、その他社員への影響等、本ソフトの「最適給与」が必ずしも「最適な給与」とは一概にはいえません。本当の意味での「最適な給与」は会社、労働者によって異なり、さまざまな分野を総合的に判断することで「最適な給与」は導かれます。

本ソフトでは、標準賞与額を基として、手取総額が○○円以上となる給与月額逆算機能がございます。給与月額を90,000円から671,000円まで1,000円単位で最高582通りの計算を行い、その内目的の総手取額以上となる給与月額の内、低い順から15件を抽出しますので、ご希望の手取り額での賃金資料を作成することができます。

また在職老齢年金、雇用継続給付の支給調整は標準報酬等級により計算を行いますので、月額変更処理を考慮して、標準報酬等級もフレキシブルに変更してシミュレーションが行えるようになっています。

実際の出力帳票はこちら

 

WS000088
本ソフトでは、最適給与(雇用継続給付が受給できる範囲で総手取額が高くなる額)計算後、賞与額を指定して再計算など、さまざまな賞与関連のシミュレーション機能で、賞与に対する手取り額の変化をわかりやすく把握できます。 60歳以降に賞与額を0円にしても60歳直後の在職老齢年金は59歳時の賞与が適用されます。60歳以降、就業規則や賃金規定により賞与が支給されなくても60歳の年金額は流動的です。「最適給与」の賞与シミュレート機能を利用すれば、直近1年間に支払われた賞与によって年金額が変更される、というのをわかりやすく説明できます。
実際の出力帳票はこちら

 

隠れた最適給与
本ソフトは、雇用継続給付金が受けられる範囲で給与と在職老齢年金を調整し、総手取額が一番多くなる給与額を「最適給与」と定義しています。 上記表のケースは、水色部分の174,000円が差引手取額が最も大きくなる給与です。(通称:最適給与) しかし、給与月額158,000円の差引手取り額も最適給与とほぼ同じ手取り額を示しています。つまり、最適給与の給与月額174,000円でも会社人件費を抑えれますが、給与月額158,000円でも従業員の手取り額を大きく変えず更にコストを抑えれます。 「隠れた最適給与」とは、「最適給与」より低い「月額給与」で「最適給与」の差引手取額に近い給与月額を指します。 「最適給与」は従業員の総手取額重視のシミュレーション結果、「隠れた最適給与」は会社コスト人件費減重視のシミュレーション結果と呼べるかもしれません。

 

 

こんなシミュレーションも可能です!

役員やパート

併給調整がないケースもシミュレート可能です。60歳以降に社会保険を喪失したときの会社人件費比較、雇用継続給付の受給額がわかる資料、給与をどれくらい下げると年金が受給できるか、年金が受給できなくなる給与額はいくらか、最適給与はさまざまなケースに柔軟に対応します。
出力帳票はこちら

社会保険の節減

会社の利益を追求する事業主にとって、社会保険料に対する意識は非常に高い傾向にあります。「社会保険は義務ですから・・・」の一言で終わらせるのではなく、本ソフトでシミュレート帳票を渡し、事業主と一緒に社会保険料の負担を考え、社労士ならではのコンサルが可能です。
出力帳票はこちら

事前確定届出給与

高額な役員報酬を受け取っている役員に対し、「賦課方式による世代間扶養」の説明をするのは一般的で大事なことです。しかし、年金プロフェッショナルの社会保険労務士にとって、一般論だけを説明するのでは物足りない印象を抱かれるかもしれません。そんな時は「事前確定届出給与」を活用してみてはいかがでしょうか。 詳細はこちら

 

最適給与ソフトはこんな時に役立ちます

  • 社長や役員の年金をシミュレーションしたい
  • 定年前と定年後の賃金を比較したい
  • 給与や賞与を固定、又は変動させて年金、雇用継続給付金をシミュレートしたい
  • 手取り総額を指定して年金、雇用継続給付金をシミュレート
  • 年間の手取りをシミュレートしたい。
  • 事前確定届出給与を活用した役員報酬をシミュレーションしたい
  • 60歳時点で65歳以降の年金もシミュレーションしたい
  • 繰上げ、繰り下げの年金をシミュレートしたい
  •  

    最適給与イメージ

     

    高齢者賃金設計ソフトの購入ポイントはこれ!

  • 法改正への迅速な対応
  • 在職老齢年金のみ、又は雇用継続給付のみでシミュレーションできる
  • シンプルなソフト構成
  • さまざまなパターンでシミュレーション
  • 事業主に説明しやすい帳票
  • 年単位の賃金設計&所得税計算
  • 65歳からの在職老齢年金シミュレーション
  • 詳細はこちら

     

    最適給与イメージ

     

    3位一体でメリットのあるコンサル!!

    Profile image
    Profile image
    現役時代と比べると給与総額は減りますが、少なくなった分は在職老齢年金と雇用継続給付金で補填され、手取り収入を減らすことなく、定年以降も働けられる。
    Profile image
    Profile image
    継続雇用制度の対象従業員に対し、手取り収入額を現役時代に保ったまま、人件費を削減できる。貴重な優秀なベテラン従業員を継続して雇用しやすくなる。
    Profile image
    Profile image
    在職老齢年金と雇用継続給付金の公的制度を利用して、従業員と会社に対し、双方が喜ぶ提案ができ、顧問先から大きな信頼が得られる。

     

    団塊の世代」の経験・技術・意欲を、60 歳以降も有効に活かしていく「提案」ができるのは社会保険労務士だけ!セミナーで本ソフトが役立ちます!

    「在職老齢年金」と「雇用継続給付金」を熟知している社会保険労務士は、従業員、会社側、双方にメリットがある給与を探し、提案すれば顧問先からも大きな信頼を得れます。「在職老齢年金」と「雇用継続給付金」の有効活用は、三位一体(従業員・会社・社労士)となってメリットがあります。法律を取り扱う各種業種でも三位一体となってメリットを受けれる業務は珍しいのではないでしょうか。 65歳までの継続雇用制度が義務化になり、士業の勉強会、異業種交流会や経営者団体、生命保険会社からの依頼など「65歳雇用延長の対策」に関連するセミナーニーズは、増加傾向にあります。最適給与ソフトでシミュレートした帳票や実際のソフトをプロジェクターで説明すると、在職老齢年金の概要をわかりやすく説明できます。

     

    最適給与イメージ

     

    導入事例

    jirei1-2「最適給与」は、会社・従業員にとって最適な給与がすぐに求められるので便利です。無料ダウンロードソフトの「最適年金」で繰上げ・繰下げシミュレーションもできます。

     

    「最適給与」導入事例はこちら

    ニュース

    More
    Return Top