台帳活用WEBセミナー

9月定例業務 保険料の変更案内編!

社会保険料変更の案内は、給与計算を受託していない顧問先にも喜ばれるサービスの一つです。
今回は「台帳」の処理ファイル保険料通知を使い、”定時決定による社会保険料の変更を、わかりやすく会社と従業員にお知らせする”
ことを主眼に置いて、処理をご紹介します。
台帳で昔から最も利用されている顧問先サービス機能をこの機会に使いこなしてみませんか?
WEBセミナー動画再生はこちら

本セミナーはこんな方にお勧め
  • 今年、台帳で初めて算定基礎届を作成した
  • 保険料のお知らせを使いこなして、顧問先へのサービスアップにつなげたい。
  • 繁忙期の定例処理だが、顧問先へのサービスアップにつなげたい

『本WEBセミナーで得られるポイント』

  1. 9月の社会保険料変更にフォーカスしたお知らせポイントを習得
  2. 適切な顧問先へのお知らせの仕方を押さえる。
  3. 新等級のデータ変更方法を台帳とCells給与でまとめて確認

保険料通知のポイント

保険料通知は10年以上、多くの台帳ユーザー様に利用されているマストな顧問先案内です。特に、顧問先が自社で給与計算をしている場合は、正しい社会保険料を給与から控除するためにも、変えるべきタイミングを逃さずお知らせしてぜひ活用していってください。

セミナー内でご紹介している、「台帳」内に搭載されている保険料のお知らせ関係機能をまとめてみました。
標準報酬の等級や社会保険料率が変わったとき、事業主向け一覧/従業員宛にお知らせを作成します。古い社会保険料と比較してお知らせを作ることができますが、変更前の社会保険料が正しく計算できないケースもあるので注意が必要です。

取得関係の「社会保険料のお知らせ(取得時)」

入社(社会保険を取得)時の保険料のお知らせ作成にご利用いただけます。

今月の社会保険料

年月を指定し、その月の社会保険料を計算します。賞与支給もある月は賞与と合算した社会保険料が計算できます。ただし過去の年月を指定しても昔の社会保険料率や、等級が変わる前の社会保険料は出ません。

算定基礎届の「保険料計算へ」

等級が変わる人が一覧で保険料の増減↑↓で一目でわかります。ただしその後8、9月変の随時改定に該当すると保険料が算定基礎届の作成時点と変わってくる事になるので注意が必要です。

WEBセミナー概要

■ WEBセミナー 開催日

2019.8.27(火)14:00〜15:00
人数:500名【満員御礼】

■WEBセミナー講師


株式会社セルズ エバンジェリスト 佐藤 淑子

■ アジェンダ
  • 標準報酬の更新処理(月変/算定)
  • 保険料のお知らせ作成
  • 台帳の保険料計算機能 使い分けポイント
  • 公文書アップロード、公文書の一部が紙で送られてきたら?
  • Cells給与に台帳から新等級を取り込む

下記のボタンよりWEBセミナー動画を再生↓

・弊社の『個人情報の取り扱いについて』をご確認いただき、ご同意いただいた上でフォームを送信してください。
・フォームでは半角カナ文字は使わないで下さい。文字化けの原因となります。
・うまく送信できない場合は、お手数ですが、メールにてご連絡ください info@cells.co.jp
・* の項目は必須入力となります。
・同業他社様からの申込みは、お断りさせていただいております。