「Cells給与」の機能一覧

【顧問先提案】

顧問先と社労士事務所の堅蜜な関係性を構築するための帳票

算定基礎届や労働保険関係の書類や、ハローワーク・年金事務所・協会けんぽに提出する書類は、賃金台帳や勤怠表を読み取って作成します。つまり、社労士業務は賃金に関わる業務が大半を占めます。そして、健全な企業発展のための労務管理の課題、助成金の提案、昇給や賞与の査定相談なども、賃金台帳や勤怠一覧表を読み取って行います。社会保険労務士事務所の給与計算業務に着眼したCells給与は、顧問先との緊密な関係性を構築するための帳票がいくつか用意されています。

半年の平均勤怠を集計 賞与や昇給の参考資料に

「職場意識改善助成金」にも役立つ資料
Cells給与は、毎月の残業・休日、遅早時間など各種勤怠の平均値を集計できます。例えば、過去半年の残業平均時間を集計して、事業主に残業時間が多いことを具体的に説明できます。仕事の能力や、時間外労働の多さによって昇給や賞与を考える事業主には、大変喜ばれる資料ではないでしょうか。
残業時間の削減や、有給の取得率アップなどの要素を盛り込んだ「2年間の職場意識改善計画」を作成し、計画に基づく措置を実施すると得られる「職場意識改善助成金」の申請資料としても役立つ資料が作成できます。

半年間の平均勤怠値から何を読み解くかが社労士の腕の見せ所!?

うつ病などの心の病で、職場を長期休職したり退職したりする人が増加しています。普段だったら15分前に出勤している従業員が遅刻するようになった、急に残業時間が減った、病気による欠勤が増えた、など「普段とは何かが違う」行動面のサインは、給与計算の勤怠から読み取れます。この従業員の変化を実際に数値化して顧問先に渡すと喜ばれるかもしれません。大きな問題になる前に、顧問先の社長が気付いていない従業員のわずかな変化を見つけ、助言、アドバイスすることで、メンタルヘルス的にも役立ち、顧問先への信頼度アップにもつながります。

前年賃金と今年の賃金を比較して来年の課題を見つける賃金比較帳票

前年の残業時間の推移も確認できます

1年の締めくくりにその年の賃金状況の特徴等を一目で確認するための帳票が作成できます。前年と比較して、月別で、個人別の給与・賞与・年収で比較、また勤怠を比較する「勤怠比較」を作成します。昨年と今年の年収を比較して、○%年収が増えた従業員、○%年収が減った従業員を一目で把握できます。また、残業時間の推移も前年からの2年分の推移を折れ線グラフで表示、年調資料とともに事業主様には有効な資料として報告できます。

事業主がなんとなく把握している内容をグラフ化
「定期的」に事業主に有用な情報を

現実の自社の賃金分析を行い賃金の改善、整備の資料に役立ちます

対象となる給与月等を選択し、対象の社員を選択するだけで、年齢別や勤続年数別のさまざまな集計を行います。『男女比構成』『年齢別構成』『勤続年数別構成』『年齢と給与の相関関係を示す散布図』等をグラフを使って顧問先に現状の賃金体系を分かりやすく説明できます。自社の正確な賃金体系、構成、推移、比較などの現状を把握することは大切ですね。 事業主様は自社の労働力の高齢化、定着難、賃金上昇などの困難な問題に直面しています。自社の給与が適正か、賃金管理はどうすればいいか。人事考課、統計資料との比較はできませんが、現実の自社の給与の配分や、個人別比較、年間推移、年齢、勤務年数との相関関係等、さまざまな角度から現状の賃金分析を行い、賃金の改善、整備にご利用いただけます。

Return Top