Cells Inc.

労務統合管理システム「台帳」

価格/動作環境

労務統合管理システム「台帳」の料金

 

  • 新規導入費用

    1年間の保守契約料金込み

  • ¥178,000/ 年

    税抜価格

  • Cellsドライブも料金の範囲内で使用できます
  • 経験豊かなスタッフによる充実の無料サポート
  • 1台の導入で何台でも利用可能
  • ご購入はこちら
Popular!
  • 保守契約料金

    2年目以降に発生するランニングコスト

  • ¥80,000/ 年

    税抜価格

  • 法改正もバージョンアップでサポート
  • 経験豊かなスタッフによる充実の無料サポート
  • 月額換算 7,200円のコストパフォーマンス
  • お問い合わせはこちら

『台帳』新規導入価格

【労務統合管理システム「台帳」 新規導入価格 178,000円(1年間保守契約付/税抜価格)】
少ない予算で労務管理システムを持ちたい!!管理したい!!
労務に携わる人ならば、こんな願いは誰にでもあるのではないでしょうか。
高額イメージの強い労務管理システムですが、当社はより多くの方々へ
「労務管理システム台帳」をご案内したく、徹底した低価格を実現しました。
低価格なシステムには見えないクオリティで、法改正への対応、サポート対応力など
様々なノウハウが結集された機能的なデザイン。
業務の合理化・効率化を強力にサポートする「台帳」は
日々日常業務の強力な新戦力となる労務管理システムです。

『台帳』年間保守契約料金について

80,000円/年 (税抜)

  • 複数台のパソコンでデータを共有して利用できます。またネットワークで共有する場合は使用台数に制限はありません。
  • 労働保険の事務組合関連処理機能が搭載されています。
  • 電子申請の一括申請(業務ソフトから簡単に送信できる処理)が行えます。
  • クラウド機能『Cellsドライブ』が料金内で利用できます。

年間保守契約について

A121_104
「台帳」にかかわる法律は「社会保険各法」「労働保険各法」「労働法」や「所得税法」等多岐にわたっており、法改正や料率税率の変更も頻繁におこなわれています。「台帳」を常に最新の状態でご使用いただくために「年間保守契約」をご用意しております。年間保守契約により、操作方法、活用方法、トラブルの解決、操作上のアドバイスやソフト上のメンテナンスなど細かくサポートし、「機能アップ」や「処理ファイル」追加のバージョンアップもすべて無償でご提供します。年によって毎年異なりますが、毎年4,5回くらいのバージョンアップが行われています。

年間保守契約にお申込いただくことにより、以下の特典をご利用いただけます

    • 操作方法等の質問にお答えします。

「台帳」の操作方法、活用方法、トラブル解決等、お客様の疑問点や不明点にFAX、メール等にて無償でお答えします。
また、お客様のパソコンがインターネットにつながる環境の場合、当方のパソコンから、お客様のパソコンを遠隔操作によりリモートコントロールで対応することも可能です。
サポート時間 9:00~12:00 13:00~17:00 (年末年始・お盆期間・土日・祝祭日を除く平日)

    • 法令改正対応ソフトを無償提供します

法改正等があった際には、その対応プログラム(もしくは対処方法)を無償提供します。

    • バージョンアップソフトを無償提供します

年に数回機能アップや新しい処理ファイルが追加されます。この最新のバージョンを無償提供します。

動作環境

「台帳」を利用するには以下のパソコン環境が必要です。
OS Windows 7, Windows 8.1 , Windows 10
ExcelMicrosoftExcel:2010(32bit),2013(32bit),2016(32bit)
さらに詳しい内容につきましてはこちらをご確認ください。

プリンタについて

A4サイズが印刷できるレーザープリンタまたはインクジェットプリンタが必要です。
労働保険の賃金集計表やその他B4またはA3サイズで印刷をおこなう場合はそのサイズが印刷できるプリンタが必要です。
また雇用保険関係で離職票や雇用継続給付の60歳時到達時賃金証明書等の複写式の印刷はそのサイズが印刷できる水平式ドットプリンタが必要です。

印刷について

ネットワーク環境下で専用用紙に印字する場合、ネットワーク内の異なるパソコンから同じプリンタへ同一の帳票を印刷しますと、WindowsやMicrosoftoffice、プリンタドライバのバージョン等の環境が異なるため、同一の印字結果が得られません。離職票や保険関係成立届など配布用紙へ直接印刷する届出書は、専用用紙へ印刷するパソコンを固定して使用することをお奨めします。
また、プリンターの印刷可能領域が狭い機種は、印刷内容が一部切れてしまう場合もあります。