Cells Inc.

労務統合管理システム「台帳」

『台帳』V10.00.04にバージョンアップしました!

約 3 分

『台帳』の新しいバージョンV10.00.04をリリースしました!
今回のバージョンアップでの大きな変更内容は3点です!

  • API 申請データ一覧 表示/非表示機能の追加
  • 2018年10月にAPI申請に対応させていただいた後から、自社の手続きに関して「台帳」を分けて管理しても、別の「台帳」で申請したデータも電子申請一覧に含まれてしまっていました。その理由としてはAPI電子申請の管理はクラウドシステムを利用しているため、どの台帳からアクセスしても同様の申請データ一覧にたどり着いてしまうためです。(以前利用していた一括申請方式の時は台帳内にすべての申請データを保存していたため、分けることが可能でした。)
    様々な方からご要望をいただいたのもあり、今回のバージョンアップにて対応させていただきました。

    詳しくはこちらをご確認ください。

  • 【CSV形式】社会保険 扶養異動届/3号届 平成30年3月以降様式に対応
  • まだ対応ができていなかった平成30年3月以降のマイナンバー記載様式に対応致しました。

  • e-Govでの旧申請(通常申請)に対応
  • e-Govサイトリニューアルに伴いVer10.00.01より
    電子申請 旧申請の利用停止をさせていただいておりましたが利用再開しました。

    通常であればe-Govで手続きの作成〜申請まで行う必要がありますが、
    この機能を利用していただくことで台帳のマスターデータを利用して、
    手続きを作成することができ、一から作成するよりも簡易的に申請を行うことができるようになります。

API電子申請に新しい機能が登場!!

  • API電子申請での取り下げ機能に対応(雇用保険のみ)
  • 申請データ一覧の詳細に進むと、「取下げ」ボタンが実装されており、
    雇用保険の申請で「到達」「審査中」いずれかの場合には申請を取下げることができるようになりました!
    いままでは取下げる際には、管轄の行政まで連絡いただく必要がありましたのでその手間を省けるようになります。
    (社会保険の「取下げ」機能はe-Govの仕様上存在しないため対応できません。)

  • API電子申請 個別更新機能の追加
  • API電子申請ではe-Govのサーバーに直接アクセスして申請を行う方式のため、
    サーバーに負荷がかかった際にはリアルタイムでデータを取りにいけないことがありました。
    そのため、急ぎの手続きでは詳細画面より「更新」していただくことで、リアルタイムで手続きの進捗を確認することができるようになりました。

その他のバージョンアップの細かい内容はこちらをご確認ください。

弊社では法改正に必要な項目や皆様からいただいた要望等を順次ソフトに反映しています。
是非約19年間の社労士としての要望が詰まった『台帳』をご検討ください