東京で助成金なら東京雇用助成金相談センター

新橋駅から徒歩7分 個別相談受付中(無料)

【キャリアアップ助成金】多くの企業で利用されている助成金です。

【キャリアアップ助成金】多くの企業で利用されている助成金です。

この助成金は、

パート、アルバイト、契約社員、派遣社員といったいわゆる非正規雇用の従業員を、正社員への転換を行ったり、研修を行ったり待遇面をUPしたりすると受給できる助成金

です。非正規従業員のキャリアアップを支援する目的で創設されました。
助成金の支給方式が複雑ですが、これまで経費でしかなかったものが、助成金として返ってくるかもしれません。パートや契約社員で仕事ができる人を正社員に転換させるケースはよくあります。しっかり準備すれば、助成金が受給できる可能性が高いです。
キャリアアップ助成金では、その施策によって6つのコースがございます。
ぜひ、御社にあった助成コースをご活用ください!

A 正規雇用等転換コース

有期契約労働者等を正規雇用等転換等した場合に助成されるコースです。

適用内容 支給対象者1人あたり支給額
①有期労働から正規雇用への転換等 60万円
②有期労働から無期雇用への転換等 30万円
③無期労働から正規雇用への転換等 30万円

※対象者が母子家庭の母、父子家庭の父、若者雇⽤促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合、1人当たり①10万円、②5万円、③5万円を加算
※派遣労働者を正規雇用で直接雇用する場合、1人当たり30万円加算

 

B 人材育成コース

有期契約労働者等に・一般職業訓練(OFF-JT) または・有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOFF-JT+OJTを組み合わせた3~6か月の職業訓練)を行った場合に助成されるコースです

訓練の種類 支給対象者1人あたり支給額
OFF-JT 【賃金助成】1時間あたり800円
【訓練経費助成】実費相当額 上限30万円
OJT 【訓練実施助成】1時間あたり800円

※1年度1事業所あたり最大500万円の受給が可能!

 

C 処遇改善コース

すべての有期契約労働者等の基本給の賃金テーブルを改定し、3%以上増額させた場合に助成されるコースです。
【助成額】
1人当たり3万円
※「職業分析・職務評価」を活用の場合、1事業主当たり20万円上乗せ
※1年度1事業所あたり100人まで受給が可能!

 

D 健康管理コース

有期契約労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を規定し、延べ4人以上実施した場合に助成されるコースです。

【助成額】
1事業所当たり40万円
※1事業所あたり1回のみ

 

E 短時間正社員コース

短時間正社員制度を規定し、労働者を短時間正社員に転換・新規雇入れした場合に助成されるコースです。

【助成額】
1人当たり40万円
※対象者が母子家庭の母、父子家庭の父、若者雇⽤促進法に基づく認定事業主が35歳未満の者を転換等した場合、1人当たり①10万円、②5万円、③5万円を加算
※派遣労働者を多様な正社員で直接雇用する場合、1人当たり15万円加算
※下記の「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」の人数と合計し、1年度1事業所あたり10人まで受給が可能!

 

F 短時間労働者の週所定労働時間延長コース

有期契約労働者等の週所定労働時間を25時間未満から30時間以上に延長した場合に助成されるコースです。

【助成額】
1人当たり10万円
※上記の「短時間正社員コース」の人数と合計し、1年度1事業所あたり10人まで受給が可能!

 

キャリアアップ助成金の対象者とは?

ここでは、本助成金の中でよく使われる用語の定義について、解説いたします。

① 有期契約労働者
期間の定めのある労働契約を締結する労働者(短時間労働者および派遣労働者のうち、期間の定めのある労働契約を締結する労働者を含みます。)をいいます。
② 無期雇用労働者
期間の定めのない労働契約を締結する労働者(正規雇用労働者を除きます。)をいいます。
③ 派遣労働者
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和60年法律第88号。以下「派遣法」といいます。)第2条に規定する派遣労働者をいいます。
④ 短時間労働者
短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(平成5年法律第76号)第2条に規定する短時間労働者をいいます。

 

受給のためのポイント

●申請書類はきちんと作成する
計画申請は決まった様式での提出が決められています。
きちんと様式に沿った計画作成を行わなければなりません。
●各書類提出の期限を必ず守る
期限を過ぎてしまったり、タイミングを間違えてしまうと、せっかくの助成金が貰えなくなってしまいます。
●定期的な管理、各窓口への報告を行う
訓練の実施状況などの管理、労働局・ハローワークへの報告が必要です。
提出書類は煩雑なものが多く、またミスがあったり期限が過ぎてしまうと受給することができません!
確実な受給のために、申請は専門家に任せることをおすすめします!

 

キャリアアップ助成金の申請、お任せください。

キャリアアップ助成金は厚生労働省管轄の助成金です。当センターでは忙しい経営者様に代わって、助成金の専門家である社会保険労務士が助成金の申請代行をいたします。助成金の申請を代行できるのは、社会保険労務士(=国家資格者)だけです。当センターでは今までいくつもの受給に成功してきた社労士が、貴社の助成金獲得のお手伝いをいたします。具体的なサポート内容は以下の通りです。
■充実の21のサポート!!
1. 就業規則チェック
2. 雇用契約チェック
3. カリキュラム作成
4. 計画書作成&届出行政からのお問い合わせに関する返答
5. ジョブ・カード作成準備
6. 給与支払いのチェック
7. OJTの指導
8. OJTの内容チェック
9. キャリアコンサル
10. 日報作成指導
11. 研修カリキュラムの実施確認
12. 研修カリキュラムのチェック
13. 研修カリキュラムの時の適正な賃金支払いの管理
14. OFF-JTの研修会社の実施状況確認書の照合
15. 申請資料の作成・届出
16. 労働時間管理
17. 行政からの問い合わせ対応
18. 申請時時期の期日管理
19. 就業規則チェック
   (正社員転換制度の作成・届出)
20. 研修代・給与支払い状況確認
21. 東京都の助成金サポート

サポート内容について、もっと詳しく知りたい!どの助成金コースがうちの会社では活用できるの?他にはどんな助成金があるの??
まずは無料相談にてお問い合わせください!

お気軽にお問い合わせください。東京雇用助成金相談センター

よくあるご質問

東京雇用助成金相談センターによく寄せられるご質問をまとめてみました。

助成金小冊子

当センターが主に取り扱っている助成金がまとめられています。

価格表

東京雇用助成金相談センターの料金表です。初回相談無料です。

無料相談会

東京雇用助成金相談センターでは、常時、無料相談を受け付けています。