セルズグループのリクルート

人事労務とITの融合

CEO挨拶

セルズグループの価値

セルズグループは、「企業の健全な発展のために・・・」という想いのもと、昭和59年に創業しました。
市場の変化に対応し、市場を自ら切り拓いてきた創業者「加藤重之」の「挑戦の歴史」があるからこそ、セルズグループの今があります。全国に広がる“かゆいところに手がとどくあなたのためのソフトを・・・”、“他の追随を許さない実務に即した台帳の各種機能”。そして何より、セルズグループを支えてくださった“全国の社会保険労務士の先生”からの「声」こそが、私たちの価値であり強みであり成長への原動力です。

セルズグループの原点

セルズの原点は「あなたのためのソフトを」「あなたに合わせる」です。
30年前、顧問先へのサービスの延長で、その顧問先の、その担当者の、その作業のためにパソコンで簡単なツールを作っていました。社労士事務所が顧問先へのサービスとして、また、労働時間の削減のために、1個人の1つの処理のためのツール提供がスタートです。そのツールをその人が使うことで、楽になった、よかったと思ってくれることをイメージしながら作っていました。「誰かのため、何かのために。」その“心”がとても大事です。その会社のやり方や、その担当者の性格、そしてその人の「受け」を狙う。かくして、その担当者だけにしか通用しないツールとなりますが、これがセルズグループのスタートです。
セルズ のシステムは、1万人以上の方にご利用いただいています。個々のユーザーに合わせることはできませんが、セルズの精神とベースは「あなたにあわせる」でありたいと思っています。

セルズグループのビジョン

セルズはこれまでの30余年、社労士事務所を運営しながら、社労士事務所向け業務システムを開発し、社労士向け業務システムとしては圧倒的No.1のシェア会社として成長を遂げてきました。
これまではオンプレ中心の開発・サービス提供でしたが、これからはクラウドとオンプレのハイブリット体制で開発・サービスを提供していきます。社労士事務所で管理している各種情報は、社労士のビジネスシーンや、企業の健全な発展のための課題解決・利便性向上のために役立つ貴重な情報ばかりです。社労士事務所を30年以上運営しているセルズグループは、これら情報を生かすノウハウがあります。社労士事務所向け業務システムとして圧倒的No1のシェアを生かし、社労士事務所をIT技術で支援し、社労士事務所を通して、その顧問先にも有益なHRtechサービスを提供します。社労士と企業の顧問契約がスタンダードな社会を実現し、社労士業界とコラボレーションしながら、多くの企業が経営の「ヒト」に関わる課題を直ぐに解決できる【HRtechソリューション企業】の代表的な会社となります。

セルズグループで働くこととは?

30年前、真夏でクーラーも無い部屋で、汗をたらたら流しながら社労士事務所業務を行なっていました。セルズグループは、文字通り家族的な雰囲気で、そしてその家族に支えながらの始まりです。私の労使、労働者間の関係の理想は「家族的」であります。現在は人が増え、その関係が少しずつ「組織的」になり、「チーム」となっています。組織であればあるほど、ルールや規則が必要です。家族もある意味組織ではありますが、よき家庭は特段そのルールや規則は必要ありません。
皆で仲良く、協力し、助け合い、遠慮なく言い合える、明るく、楽しい家族のようなチーム・職場でありたいと思っています。

こうした環境で、「人事労務管理とITの融合」「社労士と企業の顧問契約がスタンダードな社会の実現」の理念・ビジョンに共鳴し、お客様と共に喜び、仲間と共に成長し、会社と共に挑戦していきたいという“熱い想い”のある方と、お目にかかれることを楽しみにしています。