セルズグループのリクルート

人事労務とITの融合

セルズグループの組織体系

開発部門

APIチーム

主たる業務
台帳のeGov電子申請機能の開発・セルズドライブの開発
人数
5名
リーダー挨拶:近藤優子
セルズから「労務管理とITの融合」を目標に、メンバーが一喜一憂しながら開発をしています。

APIチームでは、さまざまなクラウドサービスを利用しセルズソフトのWEBシステムや他社ソフトウエアとのAPI連携などを開発しています。
例えばマイクロソフトAzure・電子政府eGov電子申請システム・chatWorkAPIなど。
直近の大きなタスクは、セルズソフトの電子政府eGov外部連携API対応です。

クラウドサービスとセルズソフトを融合してユーザー様がより便利に快適にお使いいただけるようにし
「HRテック(HR Tech)」により人事労務を変えていきます。

VBAチーム

主たる業務
セルズソフトのバージョンアップ対応
人数
6名
リーダー挨拶:
VBAチームは、主にセルズソフトのバージョンアップ対応をしています。

法改正や様式変更に対応するのはもちろんのこと、新しい機能の開発やユーザー様から
いただいた要望を形にすることを仕事としています。

ユーザー様により使いやすいソフトを提供できるよう尽力して参ります。

 

マーケティング部門

企画・広報グループチーム

主たる業務
広報PR、セミナー・イベント企画、広告作成
『CellsNEWS』の発信、『セルズcafe』(非ユーザー向け:個別相談会/ユーザー向け:活用座談会)の運営、『エバンジェリストサイト』の運用 など
人数
5名
リーダー挨拶:鳴子 由香利
自社製品や自社のファンをつくるためには、相手に製品や組織を的確に捉えていただく必要があると考えます。
セルズソフトの活用方法をはじめ、根底にある想いやアイデアをできる限り可視化して、「届ける」ことが私たちの仕事です。

このチームでは、ライティング業務が多いです。
伝えたいことが思うように伝えられず、もどかしい思いをすることもあります。「どのようにしたら伝わるのだろうか?」――これを常に追求しています。

それゆえ、私は何事も、自分の心が納得しなければ、自分にもメンバーにもOKサインは出しません。
なぜなら、「これでよい」ではなく、「これがよい」と感じられるものを創りたい、相手にきちんと「届けたい」と思うからです。
少しの工夫でさらに多く届けられるものがあるのなら、その努力を惜しみたくありません。

私たちは、自由な発想と積極的な行動を尊重します。
既存の枠にとらわれずチェンジとチャレンジを繰り返す、カタチのないものをカタチにするチームです。

営業戦略グループチーム

主たる業務
マーケティング戦略立案、営業コンテンツ制作
人数
5名
リーダー挨拶:嶋岡浩美
企業が存続していくためには利益を生み出し続けなければなりません。
利益を生み出し続けるためには、商品が売れ続けなければなりません。
営業戦略チームでは、商品が売れ続ける仕組みを考えます。

売れ続けるための仕組みを作るためには、何よりもまず、お客様のことを知っていなければなりません。
つまり、社労士さんが業務ソフトに何を求めているのかを知る必要があります。

営業戦略チームは、常に社労士業界全体に意識を向け、どんなアプローチをすれば、社労士さんが興味を持ってくれるのか?どんな情報を配信すれば、社労士さんに響くのかを考え続けるチームです。
考え続けるというのは大変なことですが、やり甲斐がある仕事です。

 

サポート部門

サポートコンテンツチーム

主たる業務
セルズソフトのマニュアルやHP、さまざまな媒体のサポートコンテンツ制作
人数
5名
リーダー挨拶:佐藤淑子
ソフト会社にとって「安心してソフトが使えるサポート」は、ソフトウェア本体と同じくらいユーザーに選ばれる重要なファクターのひとつです。その中でもサポートコンテンツグループでは、おもにマニュアルやWEBコンテンツの制作を担っています。

「分かりやすいマニュアルがあったから、初めて電子申請に取り組めた」
「サポートサイトに動画があるから、新しいスタッフが入社してきても教育の負担が減って助かった」

お客様から感謝されることもあり、励みにもなります。もちろんマニュアルの分かりにくい部分は、徹底的に解消したい!という想いで取り組んでいます。
チームメンバーは社歴や職位もまちまちですが、ベテランには多角的な視点、入社間もないスタッフにはソフト購入したばかりのお客さんと同じような視点を持ち、それぞれの立場で意見を言ってもらうようにしています。また、固定観念にとらわれず日々アンテナを張り柔軟な発想を持つことが、評判の良いコンテンツを生むこともあります。

サポートベースアップチーム

主たる業務
セルズソフトサポートにおける各種Q&A作成やコンテンツ作成
人数
5名
リーダー挨拶:小山直佑
サポートセンターには毎日平均300件を超えるユーザーからの問い合わせがあり、回答の内容や回答までの時間が正確で短いほどユーザーは安心してソフトを使用できます。サポートベースアップグループでは、ソフトを安心して使用していただくためにサポートスタッフとして必要な「ソフトの操作方法」「過去の問い合わせ案件」「個人単位で持っている知識」を共有して能力向上を図ったり、サポートセンターに問い合わせしなくてもいいようにソフト上での案内やHPでのQ&Aを充実させるコンテンツ作成等を手掛けております。

「的確な案内のおかげで問題が解決したよ」
「電子申請は大変で取り入れにくいと考えていたけど丁寧に教えていただけたのでよくわかりました」
など、回答終了間際やメール等でユーザー様より感謝されることもあり、とても励みになります。

チームメンバーは社歴や職位もまちまちですが、常に「どうしたらユーザーに喜んでもらえるか」「どんな内容を案内することが最適か」「どうしたらサポートセンターに問い合わせしなくてもいいようなコンテンツを提供できるのか」等意識しながら日々取り組んでいます。

 

社労士事務所部門

労務管理チーム

主たる業務
クライアント訪問、規程作成
人数
5名
リーダー挨拶:矢野
労務管理チームは、直接顧問先に訪問し、労務相談や就業規則の作成、助成金申請等を行っていますが、状況に応じて電話相談やビデオチャットを繋げて顧問先との打ち合わせをして業務の効率化も図っています。
また経営者の方が悩んだ時には、「まず社会保険労務士に相談してみよう」と思ってもらえるような関係性を築くことが必要だと考えています。
「企業の健全な発展のために」を心がけてお客様と一緒に日々成長し、今後は「これだったらセルズの社会保険労務士に相談したい!」という特化した分野も作っていきたいと思います。企業にとってなくてはならない社労士となるために一緒に成長していきましょう。

 

事務所手続きチーム

主たる業務
労働社会保険諸法令手続き、給与計算
人数
5名
リーダー挨拶:青柳 佳子
社労士業務に携わる手続きってどれくらいあるかご存知ですか?
社会保険、労働保険、給与計算、従業員さん個人の手続きもあれば、事業所の手続きもあります。
手続きすべてが事業所の存続、従業員さんの生活に直結するものであり、とても責任が重い仕事と日々感じながら業務をこなしています。

社労士業務は多方面に渡っているため覚えることは多く、時には失敗することもありますが、得られた知識は自分の日々の生活にも役立ち、知っててよかったと思えるものばかりです。
また「対お客さん」相手なので直接感謝されたりすることも多く、その分やりがいも感じます。

「手続きのスペシャリスト」目指して一緒に精進しましょう。

 

セルズグループ管理部門

人事部

業務内容
職場の魅力化プロジェクト
人数
4名

経理部

業務内容
セルズグループの経理業務と財務分析
人数
2名