セルズグループのリクルート

人事労務とITの融合

セルズグループの強み

【HR】創業30年以上の社労士事務所、信頼され選ばれ続ける人事労務管理のプロ集団

セルズグループは、経営者や人事労務のご担当者様のお悩み、お困り事、誰に相談したら良いかわからないことまで、いつでも気軽に相談できる場所、そんな事務所を約30年運営しています。いつでも気軽に相談できる場所があるという安心感を提供し、「健全な企業の発展のための支援」を軸とした活動を行なっています。

 

【Tech】全国10,000以上の社労士事務所で利用されている業務システム&クラウドサービスを展開

セルズのソフトをご利用いただいている事務所や企業は13,000を超えています。また、現在もっとも力を注いで開発している「労務統合管理システム台帳」は、全国3,300以上の事務所でご利用いただいていており、クラウドサービスの「セルズドライブ」は、約100万件のマイナンバーや個人情報を管理しています。

 

【HRTech】人事労務管理とITの融合領域によるシームレスソリューション

人事労務管理システムは、法令に完全準拠した専門的なシステムでなければなりません。 そのためには常に法律的な専門知識と深い経験の上に立った社労士視点からのプログラム構想、制作が必要になります。社労士法人併設のセルズは、使い勝手、顧問先へ提供する関係書類、役所への届出・申請などにおいて、実際の現場からの反応や意見をシステム制作に反映させています。さらにセルズでは、顧客満足度の向上を目指し、弊社製品をご愛用いただいているユーザー様からのご意見やご要望、ご提案を貴重な情報として集約し、積極的に製品・サービスの開発に活用させていただいています。

 

【eGov】厚生労働省・総務省の担当部署と協議しながら電子申請の普及を目指しています

平成29年現在、労働社会保険諸法令手続きのインターネット申請利用率は10%未満です。eTaxや登記関連の申請サイトは50%以上の利用率に対し、労務管理関係のインターネット申請は知名度が低く、多くの企業が未だ存在を知らない状況です。セルズは、eGovの普及はセルズの社会的使命として捉え、社会保険システム連絡協議会というeGovサイトの利用率向上のための組織に加入し、eGovサイトの普及活動に努めています。