「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

【Ver10.00.27】バージョンアップ後「ファイルが見つかりません」「業務日誌.xlamにアクセスできません」のエラーで台帳が起動できない

お問い合わせ内容

台帳をVer10.00.27にバージョンアップ後、下記のようなエラーメッセージが出て台帳を起動することができません。事業所名が表示されないため、台帳を使うことができないのですが、どうすればよいのでしょうか?

・ファイルが見つかりません。
・実行時エラー1004 Openメソッドが失敗しました。Workbooksオブジェクト
・ファイル:*****************\Cells\台帳\業務日誌.xlamにアクセスできません

回答

ご不便をおかけし申し訳ございません。

2021年4月15日現在、上記エラーにより台帳が起動できないというお問い合わせが多く寄せられています。
本現象は、特定のウィルスセキュリティソフトによって台帳起動時に必要なファイルがウィルスと誤検知され削除されている、または動作が阻害されていることが原因と判明しております。

弊社が確認している対象のウイルスセキュリティソフトは、以下になります。

  • ZERO スーパーセキュリティ

お手数をお掛けしますが、一度下記に記載の手順をお試しいただきますようお願いいたします。

1.ZERO スーパーセキュリティの除外設定に「台帳」フォルダを追加します

「台帳」をお使いのパソコン(複数台で共有利用されている場合は、その全てのパソコン)にて、ZERO スーパーセキュリティをご利用の場合は、パソコンごとに「台帳」フォルダを除外設定してください。
除外設定の方法については、恐れ入りますが、ZERO スーパーセキュリティ(ソースネクスト株式会社)のサポートページでご確認ください。
※インターネットで「スーパーセキュリティ 除外設定」等と検索すると、分かりやすい記事が公開されています。もしくは、セキュリティソフト業者のサポートセンターへ直接お尋ねください。

「除外設定」対応の前に、ご利用のパソコンのExcelバージョン値をご確認ください。現在、以下のExcelバージョン値で「除外設定」で対応できた事例を確認しております。バージョン値が古い場合はofficeを更新後、「除外設定」をお試しいただきますようお願いします。
バージョン2103(13901.20336 クイック実行)

  • Excelバージョン値の確認方法はこちらをご確認ください。
  • Officeの更新方法の詳細についてはこちらをご確認ください。

「台帳」フォルダの場所を調べる際はこちらをご覧ください。
※複数のPCでソフトを共有されている場合、個々のPCでZERO スーパーセキュリティを使用していなくても、共有サーバーにZERO スーパーセキュリティが使用されている場合がございます。その場合はサーバーのウィルス対策ソフトをご確認ください。

2.ファイルのダウンロードをします

≪ダウンロード手順≫

  1. 「業務日誌.xlam」ファイルをダウンロードします。ダウンロードはこちら
    ※ダウンロードしたファイルはデスクトップ等分かりやすいところへ保存してください。
  2. ダウンロードした「業務日誌.xlam」を格納する「台帳」フォルダのインストール先を確認します。確認方法はこちら
  3. 2で確認した「台帳」フォルダの中にある「業務日誌」フォルダを開きます。
  4. ダウンロードした「業務日誌.xlam」を貼り付けます。
    ※「既に“業務日誌.xlam”という名前のファイルが存在します」の表示は「ファイルを置き換える」を選択します。
  5. 台帳ショートカットアイコンをダブルクリックし、通常通り台帳が起動することを確認してください。

上記方法でも解消しない場合の対応方法

「除外設定」をしていただいても事象が解消しない場合は、下記内容をお試しください。

  • ZERO スーパーセキュリティの保護を無効にする。
    スーパーセキュリティ以外のセキュリティソフトがある場合は、スーパーセキュリティを無効にして動作確認をお願いいたします。
Return Top