「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

【5月中旬以降提供】年度更新・一括有期プログラム(2021年度版)

お問い合わせ内容

【2021年度(2020年確定/2021年概算)】の年度更新・一括有期の手続きのため、データを作成したいのですが2021年度版のプログラム提供はいつ頃になるでしょうか?
また、データ集計などの事前準備を進めたいのですが、プログラム提供前に作成した保存データは、プログラム提供後でも正常に読み込めるのでしょうか?

回答

年度更新・一括有期データ作成の対応時期について

2021年度の年度更新・一括有期は、2021年5月中旬に予定しているVer10.00.28へのバージョンアップにて対応予定です。
台帳の最新バージョンであるVer10.00.27(2021年4月14日現在)は、【2021年度(2020年確定/2021年概算)】の年度更新・一括有期のデータ作成プログラムには未対応です。
Ver10.00.27とVer10.00.28とでは、データ作成時の様式及びプログラムが異なる為、Ver10.00.27以前で作成した保存データをVer10.00.28に読み込んでご利用いただくことができません。
※Ver10.00.28にて再度データの作り直しが必要となります。
このため、Ver10.00.28のバージョンアップご提供までの間は、2021年度の年度更新・一括有期の保存データ作成はお控えいただきますようお願いいたします。

2021年度の年度更新・一括有期では、雇用保険高年齢被保険者免除措置終了に伴い、算定基礎賃金集計表や申告書の様式が変更されます。2021年4月14日現在、年度更新に係る情報について厚生労働省ホームページで公開されておりません。また新様式については関係各所の見解が一致していないため、引き続き確認を進めるとともに、弊社としての最終判断をおこない、対応プログラムをご提供いたします。(新様式の情報確認状況により、ご提供時期が変更になる可能性がございます。)

プログラムご提供までの間、年度更新・一括有期手続きの準備を進めていただくことができず、ご不便をお掛けし申し訳ございません。何卒ご理解・ご容赦の程よろしくお願いいたします。

処理ファイル:「事務組合」および「事務組合一括有期」は、【2021年度(2020年確定/2021年概算)】仕様に対応済です(申告書は除く)。

電子申請の対応について

2021年6月1日より労働保険年度更新の電子申請が受付開始となります。
弊社「台帳」では実環境にて正しく申請できるか、公文書が正しく発行されるかを確認したのち、台帳ユーザー様へ労働保険年度更新電子申請(API方式)対応を行っております。
その為、例年6月中旬頃の対応となりますので、ご承知おきください。

Return Top