「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

36協定の旧様式(平成31年4月1日前様式)を作成することはできますか

お問い合わせ内容

36協定で旧様式(平成31年4月1日前様式)である様式第9号(第17条関係)を作成することはできますか?

回答

台帳Ver10.00.21より、処理ファイル「36協定」では旧様式(平成31年4月1日前様式)の作成機能を廃止しております。
<参考記事:Ver10.00.21へのアップデート内容(20201112)>

新たに旧様式で36協定を作成をすることはできませんが、以前作成した旧様式フォーマットを利用し、内容を編集してご利用いただくことは可能です。
恐れ入りますが、旧様式の36協定を作成する場合は、下記方法にてご対応願います。
※旧様式で作成した保存データがない場合は、旧様式フォーマットの利用はできません。

旧様式フォーマットの利用方法

  1. 「36協定届」をクリックし、36協定届画面を開きます。
  2. 保存データの「読込」をクリックし、データ読込フォームを開きます。
  3. データ読込フォームのリストから、旧様式で作成した36協定データを選択し、「保存データの表示」をクリックします。
    ※作成日付が「2019年(平成31年)4月」以前のデータが旧様式で作成したデータである可能性が高いです。
  4. 旧様式で作成した36協定が表示されます。Excelリボンメニューの「ファイル」からデスクトップ等に「名前を付けて保存」してから適宜ご利用ください。

Return Top