「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

【重要】届書作成プログラム(Ver.23.01)のダウンロードはしないでください(Ver10.00.22)

2020年12月1日(火)から社会保険の様式が一部変更となりした。
現在、日本年金機構のHPでは様式変更に対応した届書作成プログラム(Ver.23.01)が提供されていますが、台帳Ver10.00.22においては、まだダウンロードはおこなわないでください。
日本年金機構からのお知らせはこちら
※今回変更となった様式
「健康保険被保険者(異動)・国民年金第3号被保険者関係届」
「国民年金第3号被保険者関係届」
「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届」

最新の届書作成プログラム(Ver.23.01)内の仕様チェックプログラム(Ver.13.00)は、2020年12月1日(火)以降の様式変更に対応しており、台帳Ver10.00.22の仕様とは合いません。

「台帳」ではこの届書作成プログラムに対応するためのバージョンアップを、2021年1月中に予定しております。それまでの間は、届書作成プログラム(ver22.00)内の仕様チェックプログラム(ver.12.00)をお使いください。

パソコンの買い替え等により仕様チェックプログラムのダウンロードが必要な場合は、こちらから届書作成プログラム(Ver.22.0)のダウンロードをお願いいたします。

届書作成プログラム(Ver.23.01)をダウンロードしてしまった場合は、こちらの手順にてアンインストールしたのち、届書作成プログラム(Ver.22.00)をダウンロードし直してください。

≪参考≫
仕様チェックプログラムで「項目数不一致」のエラー

Return Top