「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

2021年(令和3年)カレンダー休日(祝日)の表示について

お問い合わせ内容

2021年(令和3年)の年間休日カレンダーを作成したいのですが、祝日の設定はどうしたらよいでしょうか。

回答

令和3年については、東京オリンピックの開催延期に伴い祝日の変更が予想されますが、現時点(2020年11月20日)では閣議決定がなされていません。
台帳のカレンダーは、内閣府ホームページの情報をもとに提供しているため、従来の規定通りの祝日でカレンダーが作成される仕様です。

2020年11月30日追記:
2021年(令和3年)の祝日移動に関して閣議決定がなされました。「台帳」では祝日移動に伴う対応プログラムの準備ができ次第、後日パスワード適用によるご提供を予定しております。

参考:「国民の祝日」について(内閣府ホームページより)

2020年12月7日追記:
2021年(令和3年)の祝日移動に伴う対応プログラムの提供を開始いたしました。プログラムのダウンロード方法はこちらをご覧ください。

恐れ入りますが、オリンピック開催に伴う祝日変更には対応していないため、祝日の変更をする場合は、下記の操作方法にて対応をお願いいたします。

※国会において祝日移動に関する特別措置法改正案の閣議決定後、対応プログラムのご提供を予定しております。

休日(祝日)の変更方法

カレンダーの数字部分をダブルクリックすると休日の設定/解除ができます。

  1. 休日を設定後、カレンダーの休日(祝日)を解除したい日の数字部分をダブルクリックします。ダブルクリックするとセルの赤色表示が解除されます。
  2. 祝日名称の文字が残っているため、文字部分にカーソルを合わせて、数式バーに表示されている文字を削除してください。
  3. 祝日を追加する場合も、数字部分をダブルクリックすることで対応できます。ダブルクリックするとセルが赤色表示になります。
  4. 休日(祝日)名称を入力する際には、カレンダーの数字の下部のセルをクリックした後、数式バーにて文字を入力してください。
  5. 「休日指定と計算」をクリックします。休日の指定フォーム内の「休日指定と計算」タブの「計算」を実行してください。

※休日設定後に休日を追加/解除をすると、年間休日日数および年間労働日数が変動するため、必ず再度計算をしてください。

Return Top