「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

健康保険組合の電子申請対応について

お問い合わせ内容

2020年4月1日以降より特定の法人において電子申請義務化となりましたが、健康保険組合による電子申請環境の運用開始は2020年11月からとされておりました。
2020年9月に入り、健康保険組合から電子申請の運用開始の案内が届きましたが、台帳で電子申請はできますか。

回答

2020年11月に運用が開始される健康保険組合の電子申請は、「GビズID」と「マイナポータル」を連携させた仕様となります。そこで、電子申請するためには連携に対応する「マイナポータルAPI対応ソフト」が必要となります。
台帳はe-GovAPIに対応したソフトの為、そちらの仕様に対応しておりません。

また、台帳の処理ファイル「電子媒体申請」より、健康保険組合へ届出データ(データ形式はKPFD様式)を作成することはできますが、提出方法は電子申請ではなくCDでの提出となります。
※処理ファイル「電子媒体申請」は、台帳MENU画面の「処理ファイル」>社会保険グループ内にあります。マニュアルはこちら

現在開発しております「給与・手続き一体型のクラウドソフト」ではマイナポータルAPIを採用する方向で検討しており、それが実現すれば健保組合への提出も対応可能になる見込みです。
※リリース時期は現時点で未定です。

人事・給与システムベンダー側のソフトの改修が間に合わないことにより電子申請が困難な場合は、健康保険組合へ相談するよう案内が出ておりますので、一度健康保険組合へご相談をお願いいたします。

Return Top