「台帳」サポートページ

      株式会社セルズ

【算定基礎届】一時帰休による休業手当が支給されているとき

お問い合わせ内容

算定基礎届をこれから作成します。日本年金機構の「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」では、一時帰休により休業手当が支払われているとき、7月1日時点で一時帰休の状況が解消している場合は、休業手当を含まない月を算定の対象とするとあります。その場合、ガイドブックに記載されている通り作成することはできますか。

回答

台帳で作成する場合、休業にチェックをつけた月は算定の対象月から除外し、対象となる月だけでの修正平均額を表示します。その為ガイドブックと同じように平均額欄に対象月のみの平均額を表示して作成することはできない仕様となっております。

台帳で作成する場合
主要都市の年金事務所に問い合わせいたしましたところ、修正平均額と備考欄に詳細が記載されていれば対応できるとの回答でしたが、念のため下記でご案内する内容で問題ないかどうか提出先にご確認いただいた上で提出をお願いいたします。

  1. 算定基礎届を開き、「データ入力」ボタンよりデータを読込ます
  2. 「日数等入力」より休業がある月にチェックを入れ、備考欄のその他に休業内容を直接入力します

《関連記事》
算定基礎届の合計欄に「-(横棒)」を表示したい

Return Top