株式会社セルズ オフィシャルサイト

株式会社セルズ オフィシャルサイト

chatwork_cells

台帳の導入をご検討中のお客様へ

台帳の導入をご検討中のお客様へ

2000年(平成12)4月に介護保険制度が始まりました。社労士事務所の社会保険料変更のお知らせといえば、「算定基礎届」「月額変更届」「入社時」です。しかし、介護保険制度がスタートして従業員の40、65歳到達時の介護保険該当、非該当による社会保険料お知らせが必要となりました。当時のパソコンによる従業員管理といえば給与計算ソフトでしたが、給与計算ソフトは社会保険料変更の案内機能、年齢管理機能があまり充実していません。この介護保険制度が始まったことで、給与計算ソフトのみの従業員管理に限界を感じ、社労士業界や企業の人事総務部門は、給与計算ソフト以外のソフトやツールで、従業員の年齢や標準報酬等級等を管理するようになりました。
労務統合管理システムの「台帳」は、この2000年(平成12)にリリースされたシステムです。

現在の労務統合管理システム「台帳」、ご利用者は約3,500名

使う側が「ソフト」に合わせる時代は終わり、使う側に合わせて「ソフト」があり、使う側が「ソフト」をカスタマイズしながら使いこなす。
労働人口の減少等を背景に、労働者を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。株式会社セルズでは、この時代の流れを素早くキャッチして、「法改正、セルズはいつも、即対応」と「お客様のご意見ご要望がソフトを成長させる」をテーマに掲げ、年10回程度のバージョンアップを毎年行っています。発売当初の「台帳」は処理ソフト9つのみ搭載でしたが、15年以上経過した現在の処理ソフト機能数は100種を超え、クラウド機能も搭載しています。台帳のご利用者は全国約3,500名で、ご利用者の9割の方が社労士事務所、1割は企業の人事総務部門の方がご利用しています。

 

「台帳」の導入前に実際にソフトをご覧になりたい方むけに2つのサービスをご用意しています。

其の1、営業所(東京、名古屋、小牧)で常時、「台帳」の個別導入相談を実施しています。

台帳導入相談弊社営業所にご来社いただいた方に、「台帳」個別相談会を開催しています。弊社は社労士法人を併設しており、ご案内するスタッフは、社労士業務の経験者でもあるサポートセンタースタッフです。現状の業務管理方法や、手続きや給与計算の悩み、電子申請やマイナンバー管理の各種相談も承ります。「台帳」の導入をご検討いただいている方、是非、お気軽にお立ち寄りください。

 

其の2、インターネットと電話を利用してパソコン遠隔デモによるご案内

台帳リモートサポートインターネット回線を利用して、ご希望時日時にお客様の事務所や会社内から、台帳のデモがご覧になれます。担当オペーレータと電話で解説しながらのデモで、来社することなく上記の個別相談が無料で受けられます。
お申し込みはこちら
リモートツールのインストール(TeamViewer10)はこちら

 

 

Return Top