株式会社セルズ オフィシャルサイト

顧問契約獲得術

「誰でもいいから社労士」ではなく、「よく勉強している社労士」「フットワークの良い社労士」「相談しやすい社労士」でなければならないのです。社労士という資格を持っているというだけで、漫然と生き残ることはできないのです。

さあ、この本を手に取ったあなたは、この本に書かれていることを素直に実行してください。それは「顧問契約」への最短距離をみつけることができます。そして、「社労士ってすばらしい仕事だ!」と実感できる毎日が待っています。

この本は、独立開業を目指す人だけではなく、すでに開業して何年もたっている社労士からも、「久保先生の社労士としての戦略的営業法について教えてほしい」「どうすれば、自分にも顧問契約がとれるのですか」といった率直なご質問に、さらに具体的に踏み込んでお答えしています。

どうすれば「社労士」になれるか?ではなく、「顧問契約が取れる社労士」「即座に売り上げを上げる社労士」になれるか?という本です。

書店やネットをみれば、社労士の開業予備校だとか、年収2000万円だとかの売り文句で社労士営業セミナーがたくさん行われています。もちろん、それをすべて否定するつもりはありません。しかし、あなたは本当に社労士として実践し、売上を上げた実務家社労士の生の話を知りたいと思いませんか?

自分のブランディングだけが上手い社労士の話が、どこまで参考になるでしょうか?社労士として顧問契約を持ち、社長様やお客様と接したことさえない社労士が、「売上を上げる営業法」を語っていることもあります。

私の社労士サービスの商品や営業方法は、どんどん変化を遂げています。社労士サービスの基礎力の他に、社会情勢を見極め、フットワークのよい時流に適した社労士サービスの提案が必要です。

Return Top